ブラック

私でも契約することが出来た!

先日財布を落としてしまい、中に入っていた数万円を失ってしまいました。幸い身分証などは別の財布にはいっているので無事でしたが、このお金で光熱費を払おうと思っていたのでかなり困っています。貯金もほとんどないので、ここはカードローンでお金を借りて、支払いを何とかしようと考えました。

でも私は昔、ある消費者金融でお金の返済を何度も遅延していた経験があり、結局その会社ではお金が借りられなくなった経験があります。それ以来お金を借りることが怖くなり、ずっとそういった会社は一切使っていませんでした。

おそらく私はブラックと呼ばれる状況なので、申込みをしてもどうせ無理だろう・・・申し込む前から気持ちの面では諦めていました。でもせっかくだし、ダメ元でも申込むいみはある!と、気になって申込みすることに。

モビロンなら三井住友銀行グループのモビットなのでまだ希望があるかもしれません。ドキドキしながら結果を待っていると、スグに返答が!その結果は何と、審査に通過したという内容のでした!

まさか通貨出来るとはおもっていなかったので驚きましたが、これで光熱費の支払いもなんとかなりそうです!諦めずに申し込んでみてよかったです!

その後、どうして審査に通れたのかが少し気になったので調べてみると、何でもブラックには種類があるみたいなんです。会社単位でのブラックであれば、私のように別の会社でなら審査に通れることもあるみたいです!

もし私のように過去の失敗を気にして申込みを躊躇している方は、試しに申込みをしてみてください!結果がどうなるかはまだわからないはずです!あと申し込み先にはキャッシングがオススメです!私でも契約することが出来たので、是非試してみてください!

ローン申込機とはどんなもの?その利用の仕方とは

モビットで融資を受けることを考えた場合、申し込みやカードの受け取りなどに、いくつかの方法が用意されています。その中の1つとして、ローン申込機があります。モビットには、有人の店舗というものは存在しませんので、自宅や職場など、身近な場所以外から申し込みをしたい場合、このローン申込機を利用することになります。

カードの申し込みをローン申込機で行う場合、まずは画面の案内に従って必要事項を入力します。その際に、本人確認ができる書類が必要とされますので、事前に用意しておきましょう。本人確認のための書類としては、運転免許証・健康保険証等の写し、現在の収入を証明する源泉徴収票等の写しが必要となります。

その審査結果の内容を承認した時点で、カードの利用が可能となります。その後、申込書などが郵送されますので、必要事項を記入して返送するようにしましょう。これで、手続は終了となります。この方法を利用すれば、その場で申し込みからカードの受け取り、そして融資まで、全て行うことができるということですね。

また、申し込みはインターネットや電話で行い、カードの受け取りのみをローン申込機で行うこともできます。カードの受け取り方法は郵送かローン申込機で受け取るかのどちらかになりますので、自宅に郵送してもらいたくない場合にはローン申込機を利用することになります。

この場合は、入会手続きの際に予約番号を知らされますので、その番号を入力してカードを受け取ることになります。その際に、本人確認のための書類が必要となります。

モビットのローン申込機は、以上のような使い方ができます。ローン申込機を利用すれば、申し込みからカードの発行、キャッシングまでをすべてその場で行うことも可能ですので、ローン申込機が近くにあるのであれば、利用すると便利です。

低金利でキャッシングを受けたい!選ぶべき消費者金融とは

消費者金融は数多く存在していて、それぞれの会社ごとに特徴を持っていますし、金利や審査の方法、返済方法なども様々です。そのような中から、どの消費者金融を選ぶか決めることは、意外に難しいことでもあります。そこで、何を重視するか自分で決めると、どこで借り入れを行うか決めやすくなります。

お金を借りるとき、やはり金利は気になる要素の一つですよね。金利によって同じ金額のお金を借りても返済総額は変わってくるのですから、それは当然のことと言えます。それでは、金利に注目して消費者金融を選ぶとしたら、どこがお勧めなのでしょうか?金利に注目して選ぶのであれば、お勧めの消費者金融はモビットです。

一般的な消費者金融の金利の平均は、23.4パーセントとなっています。それに対して、モビットの金利は4.8パーセントから18.0パーセントとなっています。実際の金利が何パーセントになるのかは審査結果によるので審査を受けてみなければわかりません。

しかし、たとえモビットで一番金利が高い内容での契約になったとしても、一般の消費者金融の平均値よりは低い金利で融資を受けることができるということですね。金利の差は返済総額に影響を与えますが、借り入れ総額が大きくなればなるほどその差も大きくなります。そのため、まとまった額の融資を受けることを考えているのであれば、特に金利を考慮してどの会社から融資を受けるかを決めるべきであると言えます。

モビットの場合、メリットはそれだけではありません。審査のスピードにも定評がありますので、結果として融資を受けるまでの時間も短くて済みます。そのため、急いでお金を用意したい時にはとても有利です。さらに、借りやすさの面からもお勧めの消費者金融となっています。さらに、借入限度額も高く設定されていますので、まとまった融資を考えるときに有利になります。

同じ融資を受けるのであれば、少しでも借りやすく、条件の良いところで融資を受けたいものです。以上のようなことから、低金利ということに注目して消費者金融を選ぶのであれば、モビットから融資を受けることを検討してみましょう。

キャッシングをする前に、便利な返済シュミレーションを利用しよう!

皆さんは、キャッシングを利用したいと考えたときに、返済するときのことを具体的に思い浮かべることができるでしょうか?例として10万円の融資を受けた場合、月々の返済額を1万円に設定したら、10か月で返済することができるかというと、そうではありません。それは、融資を受ける際には利息が必要となるからです。

モビットでは、年利が4.8パーセントから18.0パーセントまでの間で決められますので、金利が最も高い場合を想定して、年利を18.0パーセントとして実際にシュミレーションしてみると、返済には11か月必要で、最終回のみ1万円ではなく返済額が9158円であることがわかります。

このように、融資額を単純に月数で割ったものが返済額とはならないことから、返済についてはイメージしにくい部分もあります。そこで、実際に必要とする金額を元に、返済するときにはどれくらいになるか事前に確認することができれば便利ですよね。

モビットでは、融資を受ける前に返済シュミレーションが利用できますので、それを使って実際に試してみると、どれくらいまでなら返済が可能かイメージしやすくなります。

モビットのシュミレーションには2つの方法が用意されています。1つは、利用希望の金額を元に、それをどれくらいの期間で返済したいかによって毎月の返済額を計算する方法です。こちらでは、利用希望の金額と仮定した年利、返済したい期間を入力する形になっていて、それを入力すると月々の返済額が表示されます。

もう1つが、利用希望の金額を元に、毎月どれくらいの金額の返済ができるかによって、返済月数を計算する方法です。こちらでは、利用希望の金額と仮定した年利、月々に返済可能な金額を入力する形になっていて、それを入力すると返済まで何か月必要か表示されます。

また、いつもきりのよい金額になるとは限りませんので、ほとんどの場合最終月のみ違う支払金額が表示されます。このシュミレーションは、実際に利用してみると便利さがよく分かります。

返済シュミレーションは、何回でも試算してみることが可能ですので、利用希望金額を色々試してみて、これなら返済できるというラインを知ることにも返済計画を立てる上で意味があります。

また、実際にモビットで融資を受けている場合、会員専用サービスとしてこの返済シュミレーションが利用できます。この場合、利用残高や実際の契約内容を元にして、追加融資を受けた場合や、繰り上げ返済・一括返済を行った場合などを想定して、返済がどのようになるのかシュミレーションすることも可能です。

契約前に利用できる返済シュミレーションは、金利は仮定となりますが、こちらは実際の契約内容を元にしていますので、より具体的な金額がわかります。さらに、追加融資を受けたり繰り上げ返済をしたりしたら、計算が複雑になりわかりにくくなりますが、それも含めてシュミレーションすることができますので、とても便利です。

実際に返済をするためには、無理なく返済できるように事前に計画を立ててから融資を受けることが必要となります。そのためにも、返済シュミレーションを上手に活用して、融資を受ける前に返済計画をきちんと立てるようにしましょう。